ブログ

「聞く力」「聞かない力」とは..


 

今朝のテレビに、最近60代でついに結婚をしたことで話題になっている、累計170万部を突破し驚異のベストセラー「聞く力」で大ヒットを飛ばした、作家の阿川佐和子さんがゲスト出演していました。最近の結婚生活の様子を、インタビューされていたので、その様子をしばらくぼーっと見ていました。

 

私も、本を書く際にはかなり多くの取材をしたり、日頃主催しているセミナーのコーディネートをする際などにも、事前に出演者にインタビューしたりと、かなり日々の中でインタビュー的なことをすることが多い人間です。

 

そこで、以前にはインタビュアーの資格認定講座に参加し改めて学んだり、阿川佐和子さんの「聞く力」もだいぶ前になりますが拝読しました。

 

さて、人と人がいれば会話が生まれ、当然そこにはコミュニケーションが発生しますよね。
そのコミュニケーションって、色々なカタチがあると思いませんか?

 

その場のシチュエーション、目的、その相手との関係性、様々なことがかみ絡み合って生まれます。集中しじっくりとる重めのコミュニケーション、日々の生活の中で毎日繰り返される軽めのコミュニケーションなど、その中身も様々ですね。

 

リアルに対してのコミュニケーションの場合は、「あまり親しい間柄でないまだ知り合って日が浅い場合」や、「仕事上でのおつきあいでの、ある程度形式的なもの」「目的をはっきりもったもの」などは、とにかく「聞く」ことにエネルギー注ぎこみ、身体も緊張気味でコミュニケーションをとることが多いように思います。

 

 

聞かない力?!

その反対で、「昔からの友人や親しい人」「家族」などとの、とくに目的のない、たわいのないコミュニケーションの場合は、その逆で「聞かない力」..いい方は少し悪いのですが、「聞き流す力」ともいうような、空気のよいなふんわりしコミュニケーションが、じつは、長続きする心地よいものではないのか?という話を、今朝のテレビで阿川佐和子さんが、夫婦のことにふれた際に、話されていたのが、とても印象に残りました。

とくに女性は、男性に比べ話すことが大好きな人が圧倒的に多いですよね。

 

女性のコミュニケーションの特長として、夫や恋人、親しい友人などと話す際に、とくにきっちりした意見や、回答を求めていないことが多いと良く言われます。ただただ、話をしたいだけ、ちょっと共感して欲しいだけ..みたいなことのほうが多いように思います。
その話す行為により、勝手に自分で納得し終わるみたいなこと、私自身もよくありす(笑)

 

ロボットの井戸端会議=おばさんの井戸端会議

先日、あるところに訪問していて、AIロボットが大集合させスイッチを入れられたとたんに、各々のロボットが勝手に話だしました。まだまだ進化過程で、人間のように対話をきちんと続けることはできないロボットちゃんたちですので、まったくバラバラのことを、話したりアクションするのですが、「これって、おばさんの井戸端会議みたい(笑)」とフッと感じました。

こういったバラバラのことを互いに話しても、なんか一緒にいて同じ空気をすい、その場を楽しんでる気持ちになってることは、私たち人ってよくあるわけで、きっと同じ場にいて、同じ経験をする事自体も、コミュニケーションなのだと思います。

 

「集る場、経験する場」での共有ってやはり大切ですよね。