ブログ

2月から始まるプレミアムフライデー知ってますか?



”プレミアムフライデー”ってなに?

今日は、月末金曜日ですね。

さて、今年2月末からスタートする「プレミアムフライデー」って知っていますか?

 

プレミアムフライデーとは、経済産業省が中心となり推進する施策で、毎月月末の金曜日は、午後3時に仕事を終わらせ帰宅を推奨するものらいしです。その大きな目的は「個人の幸せや体験を創出する後押しをする」とのことです。

(※実施は任意なので、あくまでも各々の企業にゆだねられています。)

その昔、土曜日が休みになる前に半ドンになった時のようなイメージですね。

 

内容については、経済産業省Webサイトに詳しく説明があります。

昨年末に、官民連携の「プレミアムフライデー推進協議会」が設立
個人が幸せや楽しさを感じられる体験(買物や家族との外食、観光等)や、そのための時間の創出を促すことで、
(1) 充実感・満足感を実感できる生活スタイルの変革への機会になる
(2) 地域等のコミュニティ機能強化や一体感の醸成につながる
(3)(単なる安売りではなく)デフレ的傾向を変えていくきっかけとなる
といった効果につなげていく取組です。
平成29年2月24日(金曜日)

(2回目以降も「月末」の「金曜日」を軸に実施)

すでに、博報堂が事務局になり

なるものも、立ち上がっています。早い展開ですね。

 

この施策の目的は、「個人が幸せや楽しさを感じられる体験(買物や家族との外食、観光等)や、そのための時間の創出を促す」ためのようですが、なぜか?しっくりきません。

個人の幸せね〜??

1.なぜ、忙しい月末の金曜日なんだろうか?←給料日あとの週末に持ってきたかったのか?

2.サービス業で働いている人の割合は、どんどん高くなってきていて、逆にこの人々は金曜日忙しくなり、休みもとれずとても不平等では?(労働者側にたてば)

3.午後3時帰宅っていうのはとても半端。せめて半ドン。または、自分と企業の判断で、月1回自由に平日1日を休めるほうが、幸せを個々は感じそう。

4.幸せを感じる体験に「買物や家族との外食、観光等」いかにも消費を促す事例だけ書かれていて、かなりズレを感じる。

 

BlOGOSの記事「経産省がごり押しする「プレミアムフライデー」ってどうなの? サービス業の人は休めないし、メリットを感じない件」
 
にも、このプレミアムフレイデーのことが取り上げられていて、

「みんな疲れているから消費よりも家に帰って寝ることを選ぶのでは」

と言う意見が書かれているように、月1回の金曜日3時帰りはかなり微妙ですよね〜。 またこんな意見も...

「金がないのに時間を与えても、という声があるが、まさにそうで、どんなに忙しくてもお金がある人はなんだかんだ消費しているもの。」

と言う意見も…大きく頷けますよね。

お金自由に使える層は、上手く時間も創出し、使いたいところにしっかお金使ってるかと思います。

 

日本生命保険相互会社でも、1月6日、「2017年の抱負・期待」に関するアンケート調査結果」を発表しています。その結果、

「家族と過ごす」が半数を占め、次いで「趣味・習い事(スポーツ含む)」(30.3%)、「買い物」(24.1%)と続いた。

という結果。

 

さて、2月からのプレミアムフライデーの今後の動向はどうなるのでしょうか?

だらだらと書いてみましたが、とりあえずプレミアフライデーで早く帰れるサラリーマンの方々は、3時から飲める都内のお店紹介でもご覧になって、1杯飲んでいったらいあかがでしょうか?

 

★食べログ「東京で15時から飲める店8選」

https://tabelog.com/matome/6101/