ブログ

月別アーカイブ: 2017年8月

おっさん脳を破壊するGoogle式思考法ワークショップ


刺激的なワークショップを9月27日に、sprint Japanさんと共催で新橋にて開催します!

おっさん脳を破壊するGoogle式思考法ワークショップ

オッサン脳を破壊する方法!Google式思考法!

このワークショップは、私がずっとテーマにしている「ライフシフト」についてのヒントになったり、キッカケになったりする脳を開拓する、プログラムの一環として、今回、会社以外の色々な人たちと、デザインスプリントを体験して欲しいという思いで企画しました。

※デザインスプリントとは?

スプリントとはGoogleで開発された、わずか5日で売れる商品を産み出す仕組みです。
デザイン思考がベースにあるので「デザインスプリント」とも呼ばれています。スプリントを組織に取り入れると、プロジェクトの意志の疎通がスムーズになり、成果物の質が上がるので売れる商品が開発されやすくなります。
今やGoogleだけでなくAirbnbやfacebook、ブルーボトルコーヒーなどのアメリカの有名企業をはじめ、国内ではDeNA 、サイバーエージェント、楽天、ヤフー、三菱東京UFJグループ、NTTグループ、電通グループなどで導入されています。

 

もしも、あなたが本気でイノベーション、ライフシフトをお考えであれば、ぜひ一度体験ワークショップにご参加ください。

 

 

 


ライフシフトは花粉症のようなもの?!


 

最近、50歳アラウンドのライフシフトをした、おじさんたちと話す機会がとても増えています。
このおじさんたちの特長として、とても熱い人がおおいのです。
そして、みなさん口々に「今がとにかく楽しい!」と言い、なぜか肌艶がよいのです。(笑)

 

先日、ライフシフト仲間との、ある飲み会での話。
「ライフシフトしたいと思っている人は多いと思うけど、実行に移す人と移せない人との違いとはなんだろう?」という話になりました。

 

その場にいたメンバーは、ライフシフトしたおじさん2名+おじさんではないがある意味、副業でライフシフトした30代の人、そして私の4人。
 
●おじさんA
元々、1社で長い間きちんと勤めて通してきたサラーリマン。48才で某大手IT系企業へ転職。一般的には、30代までしか転職しない業界に
自ら飛びこみました。

 

●おじさんB
55歳にしてとても固い医療機器業界を退職し、最新のテクノロジー関連で起業し会社を起こした人。

 

●30代副業でライフシフトしたC
某大手の広告会社の方で、社内で副業的に新しい社会的なプロジェクトを複数立ち上げ活躍している人

 

こんなメンバーでダラダラと、ライフシフトのキッカケてなんだろう?について語っていました。
で、そのときにCさん(30代のライフシフト)の方が、こんなことを言い出したのです。

 

「ライフシフトを実行に移せた人は、花粉症と同じように一定の水準を超えて自分の限界にきたようなもんじゃないんですかね?」

 

わっ!!これだ〜なるほど..
さすが、広告会社のエースだわ!的をついてる発言。

 

花粉症になる条件として、
 

1.遺伝的な体質の違い

2.食生活や住環境などによる違い
3.花粉にさらされる量の違い
 
というような条件の違いがあるのだそうです。

で、この3番の「花粉にさらされる量の違い」ということですが、
人間の体はアレルギーの原因物質(=花粉)を体内に取り込むと、それを無害化するための抗体を作るのだそうです。この抗体の量が「一定の水準を超えると花粉症の症状が現れる」ということです。

 

そうそう、サラリーマンを長い間していると、「社会人」とは一般的に言うけれど、実際は「会社人」として自分の個性を押し殺し、会社に仕えるのが仕事になってしまうことを矯正されますよね。日本の企業はとくに・・

 

そうなると、当然その中では本来の自分らしさは表現出来ず、悶々とどこかでストレスを抱えながら生きていくわけです。うさばらしらしに、上司や会社の悪口を肴にして飲むのが、まあ定番の行動でしょうか。

 

でも、人生100年時代と言われだしたいま、ふっと頭のどこかで「これでいいのか?これで終わるのか?」という悪魔のささやきみたいな言葉が、木霊する”50歳アラウンド”が、最近増えてきtているように思います。

 

昔は60前半で退職し、年金をすぐにもらい、はい老後という構図で、十分成り立っていた人生が、ここに来て急に長生きになるわ、年金など社会保障もあてにならないわと、まあ人生の生き方スタイルの変更が否応なしに考えなくては保たないけない時代に突入してわけです。
さすが、ゆでカエルなんて悪口を言われている50代のおじさんたちも、気づかないふりしてはいるものの、やはり頭のどこかではかなり、自分の今後の長い人生どうするのか?気になっているわけです。

 

そのときに、行動に移す人と移さないまま終わる人は、本当に花粉症の発症と同じようなものではないのでしょうか?アレルギーの原因物質が一定水準を超すと発症してしまうわけです。

 

今後の社会は、”ライフシフト症”になって万歳!って言える大人が増えると社会も楽しくなりそうですよね。
★ 参考
合わせて読んで欲しい記事。
今までブログに書いた、ライフシフト(シフトライフ)に関連した記事

・人生が長くなったいま本気を出すのは50代から!

 

・マルチタレントになれ?!人生100年時代

http://50s-happylab.jp/マルチタレントになれ人生100年時代/

・人生なん段ステップする?!シフトライフ時代


「聞く力」「聞かない力」とは..


 

今朝のテレビに、最近60代でついに結婚をしたことで話題になっている、累計170万部を突破し驚異のベストセラー「聞く力」で大ヒットを飛ばした、作家の阿川佐和子さんがゲスト出演していました。最近の結婚生活の様子を、インタビューされていたので、その様子をしばらくぼーっと見ていました。

 

私も、本を書く際にはかなり多くの取材をしたり、日頃主催しているセミナーのコーディネートをする際などにも、事前に出演者にインタビューしたりと、かなり日々の中でインタビュー的なことをすることが多い人間です。

 

そこで、以前にはインタビュアーの資格認定講座に参加し改めて学んだり、阿川佐和子さんの「聞く力」もだいぶ前になりますが拝読しました。

 

さて、人と人がいれば会話が生まれ、当然そこにはコミュニケーションが発生しますよね。
そのコミュニケーションって、色々なカタチがあると思いませんか?

 

その場のシチュエーション、目的、その相手との関係性、様々なことがかみ絡み合って生まれます。集中しじっくりとる重めのコミュニケーション、日々の生活の中で毎日繰り返される軽めのコミュニケーションなど、その中身も様々ですね。

 

リアルに対してのコミュニケーションの場合は、「あまり親しい間柄でないまだ知り合って日が浅い場合」や、「仕事上でのおつきあいでの、ある程度形式的なもの」「目的をはっきりもったもの」などは、とにかく「聞く」ことにエネルギー注ぎこみ、身体も緊張気味でコミュニケーションをとることが多いように思います。

 

 

聞かない力?!

その反対で、「昔からの友人や親しい人」「家族」などとの、とくに目的のない、たわいのないコミュニケーションの場合は、その逆で「聞かない力」..いい方は少し悪いのですが、「聞き流す力」ともいうような、空気のよいなふんわりしコミュニケーションが、じつは、長続きする心地よいものではないのか?という話を、今朝のテレビで阿川佐和子さんが、夫婦のことにふれた際に、話されていたのが、とても印象に残りました。

とくに女性は、男性に比べ話すことが大好きな人が圧倒的に多いですよね。

 

女性のコミュニケーションの特長として、夫や恋人、親しい友人などと話す際に、とくにきっちりした意見や、回答を求めていないことが多いと良く言われます。ただただ、話をしたいだけ、ちょっと共感して欲しいだけ..みたいなことのほうが多いように思います。
その話す行為により、勝手に自分で納得し終わるみたいなこと、私自身もよくありす(笑)

 

ロボットの井戸端会議=おばさんの井戸端会議

先日、あるところに訪問していて、AIロボットが大集合させスイッチを入れられたとたんに、各々のロボットが勝手に話だしました。まだまだ進化過程で、人間のように対話をきちんと続けることはできないロボットちゃんたちですので、まったくバラバラのことを、話したりアクションするのですが、「これって、おばさんの井戸端会議みたい(笑)」とフッと感じました。

こういったバラバラのことを互いに話しても、なんか一緒にいて同じ空気をすい、その場を楽しんでる気持ちになってることは、私たち人ってよくあるわけで、きっと同じ場にいて、同じ経験をする事自体も、コミュニケーションなのだと思います。

 

「集る場、経験する場」での共有ってやはり大切ですよね。

 


AI、ロボットは女性や高齢者、障害者に優しい?!


最近、AIやロボットどんど進化し導入が進むと、仕事が奪われるとか不安を煽る記事が多いですね。そんな中で、少し期待がもてる記事を目にしました。

 

 

大和ハウス、託児所付き物流施設 600人収容
千葉、女性働きやすく

(2017/7/29 2:00日本経済新聞 電子版より)

 

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ28HM2_Y7A720C1MM8000/

 

—–1部引用—–
大和ハウス工業は千葉県流山市に最大600人の児童を受け入れられる、国内最大の託児所を持つ物流施設を建設するとの事です。
搬送ロボットや装着型ロボットなども導入し、女性が働きやすい施設にする。
————————-

 

クロネコヤマトでだいぶ話題になりましたが、物流業界の人手不足対策ですね。
 
従来は重い荷物を持つ力仕事には向かない、女性や高齢者雇用を促進し、
・人手不足の解決
・女性や高齢者雇用対策
・コスト削減
 
ということのようです。
 
これは、よいですね!!
一般的に弱者ととらえがちな、妊娠中・子育て中の女性、高齢者、障害者が「テクノロジー」の恩恵を受けて、新しい働く場の開拓がされることになります。

 

 
女性の場合、今の日本ではよほど高いキャリアや志がもともとあり、高収入で一次的にベビーシッターなど雇えたり、家族の相当な協力がある場合は別として、子育て期間は独身の時のようにフルタイムでバリバリ働くことは、まだまだ難しさがつきまといます。受け入れる環境も未成熟です。

 

 
ですので、子供に手がかかるうちは時短で働く等、選択せざるおえないことも多く、そのような働きかたをこういった、新しい働き方モデルができるとだいぶ助かる人も多いかも知れません。

 

 
また、高齢者や障害者も同じく、たくさんの時間は体力的に無理、もしくは年金との兼ね合いでで無理など、やはりフルタイム雇用は難しい場合があるわけで、このような場が出来ることは、案外よいように思います。

 

 
とても興味深い試みですね。

 

 
一般的に、社会的弱者として排除されてしまいやすい人々も、このようにテクノロジーの活用や仕組みつくりにより、仕事をシェアしあう土壌が出来てくることは歓迎だと思います。

 

今後、世界のトップをいく高齢社会の日本には、どうしても必要なことであるので、色々な業界で知恵を絞り、試行錯誤していくことを期待します!!