50代からの幸せ研究所

ホームへ戻る

事業について

設立日

2014年4月2日

所長

馬塲寿実(ばば ひさみ)

事業内容

  1. 執筆活動
  2. 講演会、各種セミナーの講師
  3. イベント、セミナー等の企画・運営
  4. 商品やサービスの企画、制作、開発、販売に関するコンサルティング
  5. 前各号に付帯関連する一切の業務

《個別相談・コンサルティング/講演事業に関して》

わたし強みとすること

だれにでもわかりやすく伝えること、広いネットワークとコミュニケーション、そしてアクセシビリティの知識をベースとし、「人が幸せになる事業」に関する企画・提案をを得意としています。

 

「わかりやすく伝えること」×「インタビュー」の強み

私が執筆した「50代からのiPad」はお陰さまで、とてもわかりやすい!と高いユーザー評価を頂き、最初の出版物にも関わらず、数ヶ月でほぼ完売しました。

なぜ、執筆経験ゼロからそのようにわかりやすい本が書けたのか?というと、10年以上にわたり目が不自由な人々や高齢者に向けてものごとを伝えるのに、常に「伝え方」のノウハウを考えてきたことで、必然的に備わったのかと思います。また、人やサービスの良いところを上手く引き出すインタビューを得意としています。人のPR、商品のPR、サービスのPRヘのアドバイス・支援をします。

 

ネットワーク×コミュニケーションをとおして、あなたのしたいコトのサポートをします。(スーパーコミュニケーター)

IT関連のイベントや講座、講演を大・小さまざま200回以上は、企画・コーディネートし実施した経験や、企業からの依頼でITに関するユーザビリティテストや調査、インタビューの実施経験により、自然と多様な人やコトを観察する眼が養われました。

 

これらをベースに、「50代から」シリーズの初心者へ向けたIT関連の本を出版することで、多くの人々へ個別インタビューをし(インタビューアーの資格あり)しました。そのことにより、書物等で得る知識だけでなく、リアルな情報に直接触れる強みを得て、様々なネットワーク&コミュニケーションの幅を広げています。

 

新規事業企画・開発へ向けた助言

事例1:現在、ITを活用したシニアや障害者等、女性向け等の事業アイディアをぼんやり考えている。いくつかのプランはあるものの、実際に具体的には何を新規事業としていったらよいのかを、漠然と悩んでいる。そこで、まずはリアルな情報を聞きながら、フリーディスカッションを参考意見を聞きたい。または、紹介し繋げて欲しい。

事例2:シニアなどへの新規事業開発にあたって、会社内部だけではどうも行き詰まり感を抱いている。リアルな情報も含め、まったく外部の人から率直な今後事業などの参考になる意見を交換し、ブラッシュアップができる、チーム全体のディスカッションをしたい。

事例3:企画中のサービスがあるが、まだまだ実際の発売まで持っていくのには問題がありそうだ?また、サービスの方向性は本当にこれで良いのか?ターゲットとする人を集めて、インタビュー調査をしたい。

 

◆個別相談・コンサルティング:初回1時間20,000円から

(交通旅費別途、遠方の場合には出張費が別途必要となります。時間延長等は要相談)

◆講演会・ワークショップ:60分程度100,000円から

(※内容や参加人数により料金は相談させていただきます。※交通旅費別途、遠方の場合には出張費が必要となります。)

◆グループインタビューやディプスインタビューの設計や実施(料金は要相談)

※尚、内容を事前に軽くメールでお伺いし、その内容によってはお引き受けできない場合もございます。ご了承ください。

★福島浪江町のiPad配布プロジェクトで、福島のシニアたちへタブレットの楽しさをわかりやすく15分でお年寄りにもわかりやすく伝えるよう依頼されたときの講演の様子が、テキストレポートと映像でご覧いただけます。

http://codefornamie.org/post/89111208940/6-14

事務所

〒107-0062 東京都港区南青山4-17-33
グランカーサ南青山 2F NAGYA AOYAMA