ブログ

日々のニュースや感じたことを書いています。

期待!女性の社会参加の新しいカタチ


最近、なにかが変わってきている気がしませんか!

そう!それは、女性の社会へのかかわり方に、新しい変化が起きている感じがするのです。

先日、Facebookのタイムラインでたまたま知り、心が動かされシェアした視覚障害者の若い女性のこんな紹介記事。

 

はじめまして、「テープ起こしの、専門ブラインドライター」の松田昌美です。

ブログ:http://naoko-moriyama.hatenablog.jp/entry/2015/12/15/024011

内容をざっと要約すると、

「彼女は、聴覚が劇的に優れている。自分の書いた文章を、音声で再生して確認しながら、同時にインタビューの録音を聞くこともできる。そして、さらに文字の読み書きが大好きという特徴を生かし、「ブラインド・ライター」という職業を名乗りテープ起こし専門のビジネスを始めました。」

この記事は、やはり女性でご活躍中のメディアプロデューサー/ブランドコンサルタント 守山菜穂子のブログで発信されているものです。

この「ブランドコンサルタント」という職業も、耳慣れなものですが、このブログを読んでなんとなくイメージが出来ました。守山さんの公式サイトを見ると、

「ブランドをつくることは、誇りをつくること。」

と書かれています。素敵ですね。

守山さんの公式サイトhttp://naoko-moriyama.com

 

また、Japangivingでは

「障害女性を国連ジュネーブ本部のロビーイング活動に参加させよう!」というファウンドを募っています。

障害のある女性5名を、国連ジュネーブ本部に送りこみ、「社会を変えていこう!」という活動をしたいのだそうです。

詳細は、以下のサイトでご覧ください。

Japangivingサイト:http://japangiving.jp/p/3245

5人の障害のある女性たちは、以下の3つのことを訴えています。

1. DV相談窓口及びシェルターのバリアフリー化

現在、DV相談は電話での受付がほとんどです。これでは聴覚障害を持った人がアクセスできません。そこで、電話相談だけでなくFAXやメール、サポートの必要な人にはサポートを提供する体制を整えることを、相談窓口設置責任者である自治体に義務づけます。また、シェルターへの物理的なアクセスの確保のためにバリアフリー化を実現させます。

これにより、障害のない女性がアクセスできるにもかかわらず、障害のある女性にはアクセスできない公共サービスをなくし、障害のあるなしに関わらず平等な公共サービスが得られるように制度を変えます。

2. 障害のある女性の実態把握の徹底

障害者雇用促進法に基づく「障害者雇用状況調査」の性別把握の重要性を認識し、調査票の改定を所管庁(厚生労働省)に速やかに行わせます。
障害のある・なしに関わらず、働く男女の賃金や労働条件の格差があることは知られており、その改善は女性の社会参画になくてはならないなことと考えられています。

わたしたちは、障害女性の就労が障害男性に比べて遅れていることを、身をもって感じていますが、それを客観的なデータとして示すことで、障害者のなかにある男女差別の解消を求めていきます。

3. 旧優生保護法による強制不妊手術の調査および被害者への補償実施

旧優性保護法の時代に公然と行われていた障害者の不妊手術などの身体的虐待については、日本政府は国連自由権規約委員会から実態調査を勧告されているにも関わらず、未だ実態調査を実施していません。日本政府は自由権規約の批准国としての責任を果たす必要があります。過去の過ちをしっかり把握し、二度とそのような人権侵害がおこらないようにするのは、国家の責任です。

 

障害のある女性自身や、その周りの女性たちらが手をつなぎ、このように実際にアクションを起こすことがどんどんはじまりだしていることは、すごいことですよね!勇気が湧いてきます。

日本、いや世界の女性たちがますます元気に活躍できる社会になることは、今後ますます面白いうねりを起こし、どこか、詰まっている閉塞感のある最近の社会が、徐々に流れが良くなる前兆であって欲しいものです。

profile1

わたしも、「50代から」というキーワードで出来ることから、もっともっとアクションを起こしていきたいと思える、誕生日を迎えられたことに感謝です!

 


Apple製品は説明書がないといわれるけど?!


iPhoneやiPad、Apple WatchなどのApple製品は、良く使いやすいかわり、日本の同じ製品のように丁寧な説明書がないと良く言われていますが、じつは、結構丁寧な説明書がきちんと存在します。バージョンアップもきちんとされています。

Appleのホームページにアクセスし、上側に配置されたメインメニューの「ヘルプ」をクリックします。そうすると、ヘルプのページのずーっと下の方を見ていくと、「マニュアル」というリンクが張られています。そこを、クリックしたら各製品の丁寧なマニュアルが表れます。もちろんダウンロードも可能です。

ぜひ、なにか知りたいときには、1度ご覧になると良いかと思います!

マニュアルページのURL: https://support.apple.com/ja_JP/manuals

サポートページ1

サポートページ

スクリーンショット 2015-12-16 16.50.59

マニュアルページ

 

 

 


Yahoo地図ブログが面白い!


Yahoo!Japanから、さまざまなアプリが出されていますが、さすがに研究されていて使いやすいアプリが多いですよね。私の執筆した「50代から楽しむiPad」の中でも、かなりYahooさんのアプリは取り上げています。

つい先日も、タクシーの配車を地図アプリとの連携でできるようにしたようです。忘年会シーズンで、深夜にタクシーがなかなかつかまらないとか、料金が気になるなど、タクシー利用のアプリを上手く活用したいものです。

そんなYahooの地図アプリで使えるサービスを紹介したブログ「Yahoo地図ブログ」があるのご存知でしょうか?意外に知られていないのでは…

内容が、とても充実していて、こんなサービスもあるんだ!!って改めて知るキッカケになりそうです。ぜひ、1度覗いたら面白いと思います!

★Yahoo地図ブログ

http://blog.map.yahoo.co.jp

 

 


ジャパネットたかたのTV買い物アプリがスゴすぎる!


テレビとネットの融合が、最近はApple  TVやGoogleのクロムキャストの登場で、普通になりつつありますよね。

例えば、テレビでYoutubeを見たり、映画コンテンツ発信のサービスを使って、自由にダウンロードしたものをテレビで見たりと、本当に楽しいコンテンツが目白押しですよね。

そんななかで、ジャパネットたかたさんが出しているアプリには、かなりビックリです!ここまで進化してきているのですね。

スマホをテレビにかざすだけで、詳細な商品説明を見ながら,その場でお買い物ができてしまアプリ。

http://www.japanet.co.jp/shopping/appli/appli-download.html

よく考えられたサービスですね。テレビショッピンと言えば、いままでは、「いまから30分だけ特別割り引きで受付!さあ〜急いで下さい!」的なアナウンスが流れ、電話を急いでかけるというサービス導線がほとんどでしたよね。

それがですよ、なんとテレビみながらその画面にスマホをかざすだけで、そのまま購入手続。

「テレビでリアルな商品案内を見る」→「欲しいと思った瞬間に、さらに詳しい情報を自身の目でスマホかざして確認できる」→「確認し本当に欲しいと思ったら、その場でスマホで購入手続が即できる」

スゴいですね。TVだけでなく、チラシを見ながらも使えるようです。まだ、わたし自身試していなので、早く試してみたいと思います。試した時には、またレポート書きます!

※ちなみに、この技術は富士通で研究開発された映像媒介通信技術を採用されているようです。

http://journal.jp.fujitsu.com/2014/02/21/01/

※マイナビでもかなり以前に紹介されていて、詳しく紹介されています。

http://news.mynavi.jp/kikaku/2015/02/06/003/

 

 

 

 

 

 

 

 

 


終活の摸索”60歳以上の女性は夫が1番のストレス?!”


今朝のテレビで「終活ツアー」が大流行りとか、バルーンからの散骨がうけているなど終活の話題が流れていて思わず見入ってしました。

現在、私自身が産経デジタルの「ソナエ」というWeb媒体で、「50代からのスマホ&タブレット活用術」に連載をしていることから、まったくいままでは関心がなかった「終活」というテーマが気になりだしています。

長寿大国日本と言われ、とくに女性は平均寿命90歳に届く勢いで長生きになってきています。
そうなると、ちらほら第2の人生を考える年代である50代から考えても、残る人生は、ほぼ40年もありますね。
とはいえ、仕事現役はサラリーマンでは、せいぜい65歳まで。60歳を越えると一応勤めては
いるものの、シニア雇用的な扱いになり、まあ一線での活躍は終わりという感じになりますよね。
 
では、まだまだ元気なこのあとの長い人生をどう生きていくの?というのは、個人にとっても
社会にとっても大きな課題です。
 
こんなことを思い、たまたま見つけた以下の三菱総合研究所の松田氏が書かれた論文を読んでみましら、とても参考になる内容でしたので、参考までアップさせていただきます。
良く分析された論文です。関心がある方は、ぜひご一読されたらよいかと思います。
おすすめです!
 
★参考
海外に学ぶアクティブシニア
多世代共創コミニュティの可能性
 
(松田智生氏 株式会社三菱総合研究所 プラチナ社会研究センター主席研究員
 杏林大学杏林CCRC研究所 客員研究員)
 
 
 
※1部引用
———————————————-
・60歳以上の女性の1番のストレスは夫
 
・男性は年賀状に書くことが無くなって しまう。そして蕎麦打ちに走る傾向がある。
 
・ 老後に大事な「きょうよう」 と「きょういく」です。それはカルチャー やエデュケーションの「教養」「教育」では なく,
「今日用があること」「今日行くとこ ろがあること」なのです。
 
・職場と老後のモチベーションの要素
  「自分が成長しているという実感」
  「誰かからの気づき」
  「深い話し合い
———————————————-
 
などなど、かなり退職後のシニアに対する分析を的確にしている論文で興味深いです。
 
 

 


そうじのダスキンさんが認知症予防プログラム


家でぼんやり過ごしている高齢者の傾向として、とかくテレビを見続け、そのままうたた寝をしてしまっている方って多いですよね。そのような生活を繰り返していると、やはり、認知症を発症しやすくなると言われていまし、生き甲斐も見つけにくく、生活にどうしても張りがなくなってきます。

今回、お掃除道具をレンタルしたり、ご自宅にお伺いし掃除サービスを提供している、あの「ダスキン」さんが、認知症予防の「脳トレ」の面白いサービスをスタートさせたようです。

今後も、色々なサービスコラボが産まれてきそうですよね!

楽しみなプログラムです。

https://homeinstead.duskin.jp/tool/

ひとつは、

・色彩組色ドリル(ちぎり絵)をしていくもの

・ミッケルアート昔のなつかしい絵を使った回想法で会話を弾ませるもの

 

 

 


超便利なLINEのファミリーアプリ「LINE HERE」


あの、いまや大人気のコミュケーションアプリ「LINE」から出されている、LINEのファミリー・アプリって、意外にたくさんありますよね。

そのファミリー・アプリのなかに、「LINE HERE」という、位置情報アプリがあります。同じようなアプリは無数にありますが、これ!本当にいいですよ!

デザインや使い勝手が、とてもシンプルでわかりやすいんです。それに、タイマーでどのくらいの時間、自分の居場所を指定した人に公開しておくかを設定できる、細やかな配慮もされています。

例えば、

・いま自分がどこにいるかを家族や友達に知らせる。

・待ち合わせや、はぐれた時などに知らせる

・災害等、いざって時にも役立つ

ぜひダウンロード、おすすめしたいアプリです!

★LINE HEAR :  http://here.line.me/ja

 

 

 

 

 


iOS9でホームページをPDF化 し電子書籍みたいに保存


iOS9の機能で、ホームページを見るアプリ「Safari」を使い、開いているホームページをそのまま簡単にPDF化出来ます。

PDF化したホームページは、そのまま自動的にiBookに保存され、まるで電子書籍のように見ることが出来ます。このように保存しておくと、スクリーンショットとは違い丸々1ページ保存でき便利です。

また、後々のデータとしても使えるので、意外にこのテクニックを覚えておくと、便利かもしれません。

 

操作画面1

操作1(下側の矢印が飛び出たマークをタップ)

操作画面2

操作2(PDFにしiBOOKに保存)をタップ)

操作図3

操作3(iBOOKの書棚に保存されます)

 

操作図4

操作4( 電子書籍のように見れます)

 

 

 


シャープのROBOHONが可愛いすぎる!


2016年前半売り出し開始予定の、シャープから発売になるモバイル型ロボット電話「ROBOHON」、本当に可愛いですね! 動画を見て、思わず「かわいい〜」と叫んでしまいました。小型で、手軽に持ち運べる、まるでペットみたいですね。

https://robohon.com/special/sp/

★出来ること

通話、メール、アプリ、検索、カメラ、プロジェクター、音声認識、顔認識、歩行、起き上がり

なそうです。プロジェクター機能あるようです。これは、更に魅力的。

高齢者など、スマホ持つのには抵抗があったり、苦手と言う方に新しい使いかたが広がる気がします。

ぜひ、このROBOHONは早く使ってみたいです〜。価格未定とあるので、あとは価格次第ですね。モニターさせてもらえないかな?!

 

 

 

 

 


スマホの文字が見えにくい方へ朗報!Safariの機能


スマホのiPhoneユーザーへ、ホームページの文字を見やすくするテクニックを教えます!

iPhoneはタブレットに比べ、だいぶ画面が小さいので、ホームページなどの文字を見にくいですよね。

老眼が始まっている方は、おおむねそういう悩みがある方が多いのではないでしょうか?

また天気の日に外で使っていて、スクリーンが光って見にくいとかいうよに、環境によっても見え方は左右されますよね。

そんな時にホームページを見やすくする方法があるんです。

ホームページを見る「safari(アプリ)」に追加されてる機能ですが、ホームページを見る際に「アドレスバーの左横」に表示される3本線をタップしてみて下さい。

そうすると、右側上に図2のような文字をどんどん大きくしたり、背景色を選択できたり、書体を選択できたりするボックスが表れます。知っているおくとかなり便利ですよね〜。ちょっとしたテクニックですが、知っておくと、とても良さそうです。

 

スマホ図1

スマホ図1

 

スマホ図2

スマホ図2

スマホ図3

スマホ図3

 

 


シルバー世代「PCをテレビ画面でみたい」


考えたら当たり前のデータなんですが、OKWAVEさんの以下の調査を見て、「はっ!」とさせられました。

「PCに関する質問を分析した結果、20代・30代ではPCでTVを見ることにニーズがあるの

に対して、シルバー世代ではTVでPCの画面を見たいという逆のニーズが抽出された。」

http://www.okwave.co.jp/ri/labo/report/201408senior-digital/index.html

このニーズわかってはいるはずなんですが、意外によほどインターネット関連が好きだとか、強い人が家族にいないと、テレビでパソコンの画面をみたり、AppleTVなどを使い映画やドラマをストリーミングしテレビで楽しむことってまだまだ普及してない気がします。

私が、iPadを教えてる生徒さんは50代〜60代がほぼ70パーセントを占めているのですが、まったくそのような使い方わかっていない方がほとんどです。たまに、仕方を覚えて試したシニアさんは本当に喜んで、生活が変わった!と言う方が多いのですが。

いよいよ、Amazonでも「プライム・ビデオ」(プライム会員に対して、動画見放題)のサービスも提供していきます。

https://www.amazon.co.jp/gp/prime/pipeline/landing?ie=UTF8&ref_=nav_piv

もっと、こういったサービスをきちんと、ターゲットとなるお客さまへきちんと使っていただけると、かなりの売り上げが上がるの間違いないと思うのですが、今のところ、まだまだそのあたりの販促チャンネルがの工夫が弱いですよね〜。

 

 


インタビューでプレシニアのニーズがずいぶん見えてきた!


今月16日夜に青山にて、プレシニアのマーケティングイベントを開催するにあたり、現在(50代から60代前半)の方々に個別インタビューを実施し、その年代ならではの様々なな話を伺って、ニーズ調査をしています。

「超巨大市場!プレシニア(50歳〜)を虜にするマーケティングとは?」

詳細・お申込:http://pre-senior01.peatix.com/view

その中でいくつか見えてきたものがあります。その一つに離れて住んでいる親とのコミュニケーションです。

 

年老いた親とのコミュケーションツールの不足

 

インタビュー調査で、共通し多かったのが、離れて暮している年老いた親とのコミュケーションツールの不足による不便さでした。

50代の方々の親の年代は、おおかた70代半ばから80代の親となりますよね。その年代は、スマホ活用はまずしていません。まあよくて、携帯電話(ガラケー)または家電が中心となります。また、通話が中心でメールも使わない方々が多いですよね。私の親も、ガラケーメールも難しく断念しました。

そうなると、しかたないので電話で話することが、どうしてもコミュニケーションの中心となります。しかし、50代の方々はまだ現役で、ゆっくり気軽にいつでも電話で話すことが難しのが本音です。

親から、突然電話があっても、毎回ゆっくり話の相手をするのは難しいので、ついつい要件だけ聞き、そっけなく切ってしまうという方も多いかと思います。

そういった対応が続くと、親も電話を控えてしまうようになり、ほっとおけば次第によほどの事がない限り、コミュニケーションを取らなくなってしまうという悪循環を生みがちです。

ですが、実は子供はやはり年老いた親のことが気がかりだったりし、もっと気軽にLINEでとるコミュニケーションのように、なにげないコミュニケーションを望んではいます。

しかし、いまのスマホ中心の環境ではなかなか使ってもらうのには難しく、困っているということがわかりました。

今後、そういった親子コミュニケーションの問題を解決する、新しいツールが開発され、活性化するとよいですね。